タイムスリップ!

 3月31日(日)、地域交流センター「ゆるるん」において、縄文ロマン~青く光る石のものがたり~の上演が行われました。これは、村芸術文化協会に加入している「成瀬和紙の里」と「劇団たけのこ」とのコラボによる音楽劇。
 はじめに、わらしっこ合唱団によるミニコンサート。楽器も演奏し、みんな楽しそうで素晴らしいコンサートでした。
s_IMG_5568
 次に櫻田ふる里館館長による「縄文ミニ講座」が行われ、この上演のきっかけとなった大型磨製石斧、アオトラ石のことなどを教えていただきました。会場には、大型磨製石斧のレプリカと本物のアオトラ石も展示されました。ふる里館に常設展示しています。
s_IMG_5571
s_IMG_5561
 いよいよ、音楽劇です。子どもたちの演技、歌、劇団たけのこの会員による「じいさん」「ばあさん」も見物でした。現代で5200年も前の大型磨製石斧が見つかったことで、この石斧をめぐり、現代の子どもたちが縄文時代にタイムスリップするお話。
s_IMG_5578
s_IMG_5580
s_IMG_5581
s_IMG_5584
s_IMG_5586
 この衣装や髪飾りはなんと和紙で出来ているんですよ。色も様々で素晴らしい作品でした。首飾りも本物のくるみが使われています。まるごと自然館にも和紙の作品がたくさん展示されています。
s_IMG_5597
    s_IMG_5592 s_IMG_5607
s_IMG_5601
s_IMG_5605
 稽古も頑張り、やりきった出演者はみんないい顔してます。お疲れ様でした。 
s_IMG_5602

おもちゃ

 マタタビで作った猫のおもちゃです。今朝、作りたてでマタタビの香りがします。猫はこのおもちゃで遊ぶのが大好きだそうです。枝もぶさぶさになるまで遊んじゃうくらい、マタタビが好きみたいですよ!!
これは、隣に写っている枝の皮をむいて、さらに裂いて薄くした材料で作られています。中には鈴が入っていて、とても可愛らしいです。 色も綺麗ですよね。
image1 (1)
 マタタビ細工は、作れる人が村にも一人しかいなく、貴重な物となっており、昨年、県立博物館の「植物を編む」展で取り上げられました。この色白の綺麗な貴重な作品(ざる、びく、丸籠)は、ここふる里館に展示していますので、是非見学にいらしてください。

なるせ芸術文化祭

2月17日(日)、地域交流センター「ゆるるん」において、第9回なるせ芸術文化祭が行われました。

 〇表彰式
  地域の芸術文化の振興発展に貢献された3名の方々が表彰されました。
s_H310217_2_芸文祭 (18)s_H310217_2_芸文祭 (22)

 〇ステージ部門
  芸術文化協会加盟団体のほか、生涯学習教室等から、15団体102名の出演!!太鼓に踊り、歌謡曲、読みかたりなど多彩なステージ発表。
s_H310217_2_芸文祭 (12)
s_H310217_2_芸文祭 (70)
s_H310217_2_芸文祭 (95)s_H310217_2_芸文祭 (112)
s_H310217_2_芸文祭 (191)
s_H310217_2_芸文祭 (79)
s_H310217_2_芸文祭 (209)
s_H310217_2_芸文祭 (263)

 そして
s_H310217_2_芸文祭 (86) (1)
s_H310217_2_芸文祭 (154)s_H310217_2_芸文祭 (168)
 生涯学習教室では、民謡踊り、【体験】ギター教室、民謡唄、三味線と4教室から初めてのステージ・・・ドキドキ!!でした。 
s_H310217_2_芸文祭 (215)
s_H310217_2_芸文祭 (238)

 〇展示部門
  陶芸、和紙、つる細工、御殿まり、こだしなど14団体75名からの展示!!
s_H310217_3_展示 (9)
s_H310217_3_展示 (16)
s_H310217_3_展示 (31)
s_H310217_3_展示 (26)
s_H310217_3_展示 (38)
 今回、初めて、子育てサークルのあみ物クラブからの展示もありました。

 〇体験コーナー
  野点体験、和紙のブックカバー作り
s_IMG_6943
s_IMG_6947

 〇おまけ
  もうすぐ出番!!舞台裏 
    s_IMG_6915 s_IMG_6917       どきどき?? s_IMG_6918

 大いに盛り上がりました。

 ◎お知らせ 芸文祭から1ヶ月後・・・
  3月17日(日)、ゆるるんにおいて、芸文協加盟団体の
 成瀬仙人太鼓30周年記念事業が行われます。入場無料、是非お越しください。
 太鼓30周年 
s_H310217_2_芸文祭 (294)